取扱商品

[名称]
セランガンバツ

[その他の名称]
インドネシアではセランガンバツー (Selangan batu) 、マレーシアではバラウ (Balau) 、フィリピンではヤカール (Yakal)又はギホ 、インドではサル (Sal) などと呼ばれる。中国語では玉檀

[科目]
フタバガキ科 Shorea 属 Shorea グループの広葉樹。
学名 : S.foxworthyi、S.laevis、S.astylosa、S.maxwelliana、S.robusta を含むバラウ類

安い        高い
□■□□□

[産地]
インド、セイロン、マラヤ、ボルネオ、フィリピンなどの東南アジア

[色調]
辺心材の色調差はやや明らかで、心材は黄褐色、濃赤褐色、緑色を帯びた褐色などで、辺材は淡色である。

[性質]
木質は極めて重硬で、木理は交錯している。肌目は緻密ないし、やや緻密である。耐久性は高い。
気乾比重 : 0.84~1.10

[用途]
敷居、土台、器具の柄、重構造物、枕木、橋梁、ウッドデッキなど強さと耐久性を必要とする用途に用いられる。

[名所での使用例]
デックス東京ビーチ、六本木ヒルズ、ハウステンボス、etc...

[名称]
メラピ(ホワイト メランチ White meranti )

[その他の名称]
マレーシアやインドネシアのサラワク州ではホワイトメランチと呼ばれるが、サバ州ではメラピ (Melapi) 、フィリピンではイエローラワン (Yellow Lauan) と呼ばれる。また、同グループのマンガシロノ (Manggasinoro) 類も含めて取り扱われる。

[科目]
フタバガキ科 Shorea 属 (Anthoshoreaグループ) の広葉樹。散孔材
学名:S.philippinensis、S.bracteolata を含む Shorea app.

安い        高い
□■□□□

[産地]
マレーシア、フィリピン、インドネシア、タイ、ミャンマーなどの東南アジアに分布。

[色調]
辺心材の区分は不明瞭で、材の色調は淡い黄白色を呈し、金褐色の光沢をもつ。

[性質]
木理は交錯しており、肌目はやや粗い。やや重硬な材で、釘打ちで割れやすい。乾燥性・接着性は良好。耐朽性は中程度。シリカを含んでいるので、加工する際には、これがノコなどの金属を痛める。
気乾比重 : 0.39~0.87

[用途]
南洋材の代表的な材の一つで、家具、建具、建築、合板など用途は幅広い。

[名称]
クモスギ 【雲杉】

[その他の名称]
云杉(ウンスギ)、雲南杉、中国スプルース、ドラゴンスプルース(Dragon Spruce)

[科目]
マツ科トウヒ属の針葉樹。
学名 : Picea asperata

安い        高い
□■□□□

[産地]
中国の雲南省・四川省、チベットなどに生育

[色調]
辺心材の区分は不明瞭で全体に淡い黄白色を呈す。

[性質]
やや軽軟で耐久性や強度は低い。木理は通直。加工性や材の安定性は良いが割れやすい。また、マツ科独特の臭いや樹脂分は少ない。
気乾比重 0.5

[用途]
建築用材、建具材、内装材、碁盤・将棋盤などに用いられる。

[名称]
タモ(ヤチダモ 【谷地 】 ash )

[その他の名称]
単にタモとも言う。

[科目]
モクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹。環孔材。
学名 : Fraxinus mandshurica var. japonica

安い        高い
□□■□□

[産地]
北海道に多く、本州北・中部にもごく僅か分布。また、ロシア、樺太、朝鮮、中国にも生える。湿った山地に多い。

[色調]
辺心材の境界は明瞭で、辺材は淡い黄白色、心材はくすんだ褐色。年輪は明瞭。時に美しい杢を有する。

[性質]
材はやや重硬で、加工性や割裂性、表面仕上げは中くらい。
気乾比重 : 0.65

[用途]
家具材、造作材、器具材、ベニヤ材、土木材など。特に、弾力性に富むのでバッドやラケット、スキー板などの運動具材として重用される。

[備考]
谷地だもと書く。「だも」は「たぶのき」の転。なお、タモを と書くがこれは俗字。

[名称]
スプルース (スプルス) spruce

[その他の名称]
シトカスプルース・エンゲルマンスプルース・ウェスタンホワイトスプルース(カナダトウヒ)を単にスプルースと称す。我が国では一般にベイトウヒ 【米唐檜】と言う。

[科目]
マツ科トウヒ属の常緑針葉樹。
学名 : Picea engelmanni 、Picea glauca 、Picea sitchensis

安い        高い
□□□■□

[産地]
北米大陸。北はアラスカから南はカルフォニア北部に分布。シベリア大陸の北洋エゾ松も同種で、スプルースと呼ばれる。

[色調]
辺心材の区別は明らかでなく、全体に白色から淡い黄褐色を呈す。

[性質]
木理は通直で寸法の大きな材がとれる。材は軽軟で、弾力性がある。肌目は緻密で、加工性に優れ仕上げは良好。マツ科特有の脂もほとんど無く、無味無臭の良材である。
気乾比重:0.35~0.4

[用途]
建築材、造作材、パルプ材、家具材、器具材、箱材など。良質なものは、ピアノの響板やバイオリンの甲板など、楽器材としても用いる。

[名称]
米栂(ヘムロック hemlock)

[その他の名称]
ウエスタンヘムロック、ベイツガ

[科目]
マツ科ツガ属の常緑針葉樹
学名 : Tsuga heterophylla Sarg.

安い        高い
□■□□□

[産地]
北アメリカ大陸

[色調]
辺材は白っぽく、心材は白味を帯びた淡黄褐色。木目は明瞭。米松より黄色味が強いのが特徴。

[性質]
光沢があり、肌目はやや粗い。加工性が良いが、やや折れやすい。
気乾比重:0.46

[用途]
建築材、構造材、造作材、建具材、箱材、パルプなど

[備考]
乾燥すれば無味無臭である。

[名称]
アピトン Apitong

[その他の名称]
アピトンはフィリピン名で、マレーシア・インドネシアではクルイン (Keruing)、タイではヤン (Yang)、カンボジアではチュティール (chhoeuteal)、ビルマではカイン (Kanyin)などと呼ばれる。

[科目]
フタバガキ科 Dipterocarpus 属の広葉樹。散孔材
学名 : D.alatus、D.gracilis、D.grandiflorus を含む Dipterocarpus spp.

安い        高い
□■□□□

[産地]
インド、フィリピン、インドシナ、スマトラ、ボルネオなど、熱帯林の主要構成樹種の一つ。

[色調]
辺心材の区分は明瞭で、辺材は淡黄白色、心材は灰色を帯びた赤褐色で、年数を経るとかなり濃色になる。

[性質]
肌目は粗く、樹脂分が多い。材はやや重硬で強度が大きい。
気乾比重 : 0.56~0.88

[用途]
床材、羽目板、柱、梁、梱包材、パレット、合板材など。特にフローリング材は有名。また、防腐処理をして枕木にも用いる。

[備考]
この樹種はケイ酸塩(シリカ)を含んでいる。